遮光シートを窓ガラスに貼る効果とは?|窓ガラスのまぶしさ軽減コラム

遮光シート

「新居に引っ越したら窓が多くまぶしいため眠れない

遮光1級カーテンを使用しても光が反射して部屋が暗くならない

完全遮光ができる業務用の遮光シートを探している

遮光シートを必要としている方には、上記のような遮光に関するお悩みをお持ちの方も多いですよね。

特に、日当たりが良すぎてしまう環境で日中から暗室を再現したい方にとっては非常に悩ましい問題です。

ここでは、上記のようなお悩みをお持ちの方へ「遮光シート」を窓ガラスに貼る効果をご紹介します。

また記事後半では

「市販の遮光シートだと高価だし購入できない」

「遮光1級カーテンと併用してもより効果の高い遮光シートを探している」

という方へ当社オリジナルの「完全遮光シート」をご紹介させて頂きます。

遮光シートを窓ガラスへ貼る効果とは?

ここでは、遮光シートを窓ガラスに貼ることの効果について、より具体的にご説明させていただきます。

遮光効果

遮光シートを導入することの最大のメリットは、その『遮光効果』にあります。日当たりの良い場所の西日や夏場の強い日差しを遮るために重宝することは間違いありません。

しかし、ここで気になるのが遮光シートの「遮光率」です。

実は、遮光シートとして販売されている商品をみると「紫外線99%カット」や「紫外線96%カット」など同じ遮光シートでも品質にばらつきがあることがわかります。

「安くてお手頃だから購入してみたけれど、全然遮光効果がなく後悔した」

このようなことがないよう、購入にあたっては遮光率が99.99%以上のものを選ぶと高い遮光率、完全暗室も再現できます。

冷房機の省エネ効果

窓ガラスに遮光シートを貼ることで、冷房機の効きが最大限発揮できます。

たとえば、オフィスや事務所等で真夏冷房をつけても社内設定温度があり、なかなか冷房効果が上がらないという場合もありますよね。

そのようなときに、遮光率99.99%以上の遮光シートを日差しが強い窓ガラスに貼ることによって日差しを完全に遮るため、冷房機の効きが良くなります。

冷房の設定温度を変えなくても、効きが良くなるということは、省エネ効果も高まるため、特に夏場におすすめです。

紫外線を99%以上カット

夏場に限らず、強い日差しを直接受ける窓際は、紫外線の体への影響も考えられます。強い紫外線から体を守るためにも遮光シートは有効です。

紫外線を意識する場合には、紫外線99%カットの表記がある遮光シートや、専門機関にきちんと分析済みの遮光シートを購入すると安心してお使いいただけます。

また紫外線への影響は人体だけでなく、家具や商品の日焼けなども。

遮光率99.99%以上、紫外線カット99%の遮光シートであれば、家具や商品への日焼けのダメージを軽減可能です。

プライバシーの確保

遮光率99.99%以上の遮光1級クラスの遮光シートであれば、窓ガラス外から中の様子が見えません。

たとえば、日中シャッターやカーテンを閉めるわけにはいかないけれど、オフィスや事務所などの室内のプライバシーを確保したいという場合にも高い効果を発揮します。

遮光シートと遮光カーテンの違いについて

本記事をご覧くださっている方の中には、「遮光シート」が強い日差しを防いでくれるのは理解できたけど、「遮光カーテンと何が違うの?」と疑問に思っている方も多いですよね。

また、遮光シートと合わせて遮光カーテンを検討している方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、遮光シートと遮光カーテンの違いをご説明します。

同じ遮光1級でもカーテンだと完全遮光は難しい

遮光カーテンには、「遮光1級〜遮光3級」までの遮光率が設定されています。より室内を暗室に近い状態にしたいという方は、遮光1級カーテンがおすすめです。

しかし、完全暗室を求めているのなら遮光カーテンですと形状の違いから日差しが入りこむ隙間があるため、難しいです。

遮光シートであれば、完全に日差しを防ぎたい、仕事で完全暗室を再現したいという場合にも直接窓ガラスに貼られるため、より効果的。

遮光シートならどの窓ガラスにも導入可

当然のことですが、遮光カーテンですとカーテンレールがある場所など設置する場所が限られてしまいますよね。

しかし、遮光シートであればトイレの小窓や天窓などありとあらゆる窓ガラスへ設置することが可能なのです。

また、遮光シートは簡単にハサミなどで裁断できるため、場所を問わず窓ガラスへ貼れるところも遮光カーテンとの違いです。

遮光カーテンとの併用も可能

前述の通り、遮光カーテンは遮光率1級のものでも、形状の違いから隙間が生じてしまうため、完全暗室の実現が難しい場合もあります。

より日差しを遮りたい場合には、遮光カーテンと遮光シートを併用する使い方も可能です。

遮光シートと併用することで、日差しが室内に反射することも防いでくれます。

窓ガラスの遮光には弊社オリジナル「完全遮光シート」がおすすめ!

ここまでお伝えしてきたように、窓ガラスに遮光シートを貼りつけることで、遮光効果だけでなく、冷房機の効きを良くする効果や、紫外線をカットする効果など多くのメリットがありました。

しかし、遮光シートにも遮光率の違いや品質の違いからどの遮光シートを選んで良いのかわからないという方もいらっしゃいます。

完全暗室、完全遮光を実現したい以下の方は当社オリジナル「完全遮光シート」をおすすめします。

  • 窓からの日差しを完全遮光したい
  • 業務用に値段をおさえて高品質の遮光シートを購入したい
  • 窓サイズにあわせて自由に裁断したい
  • 大容量の遮光シートをリーズナブルに購入したい
  • 自宅の窓用に自分で貼り付けたい

当社オリジナル「完全遮光シート」は、「遮光率1級」を獲得しており、その名の通り完全遮光を実現します。

また、当社オリジナル完全遮光シートは183cm×50m巻きにてお値段が本体価格20,520円(税込み)と別途送料のみとなり、非常にリーズナブルに大容量の遮光を実現します。

芝浦工業大学工学部電子工学科shibalab様をはじめ、多くのお客様から支持されております。

手軽にはさみでカットでき、大容量でリーズナブルのため、イベント関係やプロジェクター利用、会議室、完全暗室の再現、一般住宅の日よけ、農業用にと幅広い用途でお使い頂けます。

また、品質につきましても厳しい検査機関の審査に合格し、99.99%以上の遮光率を実現していますので、自信をもってお届けしております。

ぜひ、窓ガラスに遮光シートの導入を検討中の方は、ぜひ下記のリンクより当社オリジナル「完全遮光シート」の特徴も合わせてご覧ください。

完全遮光シート詳細ページへ

タイトルとURLをコピーしました