遮光1級暗幕をお探しなら『極薄・軽量・遮光率99.99%超』当社特注品|サンプル無料

暗幕

一般住宅用に販売されている遮光カーテンや暗幕ロール、ロールスクリーンとは別に、室内外の光を漏らさない「暗幕」があります。

しかし、遮光カーテンと暗幕は似たような内容であるため検討されている方からすると一体何が違うのだろうと疑問に感じる方も多いようです。

ここでは、遮光1級暗幕とはどのようなものなのかをご説明したのち、当社特注品であり暗幕と同等の遮光率を実現、さらにコストパフォーマンスにも優れた「完全遮光シート」についてご紹介します。

暗幕には遮光1級しか存在しません

室内の暗幕カーテン

一般住宅用に普及している遮光カーテンには、それぞれ1級・2級・3級と遮光率の異なる等級が分かれています。

遮光率の違いについては、以下の記事で解説しているため、詳しくはそちらをご参照ください。

>>遮光率の違いについてさらに詳しく

簡単にご説明すると、遮光率が99.99%以上で最も遮光効果が高いものを「遮光1級」と呼び、遮光率が99.80%以上99.99%未満のものが「遮光2級」。

また、99.40%以上99.80%未満のものが「遮光3級」に位置付けられています。

遮光2級以下になると、室内の人物の表情がうっすらと確認でき、完全暗室には向きません。

このように、遮光カーテンには購入を検討されている方の目的に合わせて3段階の遮光率が設定されていますが、一方で暗幕には、遮光2級や3級という等級はなく、遮光1級のみの設定です。

これには様々な理由がありますが、もともと暗幕は病院・学校・体育館などで利用されることが多かったため、デザインというよりは「完全遮光」という性能を重視しているからだと考えられています。

つまり暗幕として販売されている商品は、全て遮光1級ということです。

遮光1級暗幕の課題について

暗幕利用時の容量と使い勝手

本記事をご覧くださっている方が、遮光1級の暗幕をお探しなら、暗幕そのものが遮光1級であるため、問題は解決されるかと思います。

しかし、暗幕を利用したい方の中には、学校や工場、病院、商業施設など大規模な現場で導入したい、又は趣味で活用したいため大容量でないと困るという場合もございます。

つまり、暗幕を選ぶ際には、遮光1級という性能のほかに、容量や使い勝手なども重要ですよね。

ここでは、一般的に市販されている暗幕の課題について考察したいと思います。

希望のサイズが販売されていない

たとえば、市販の暗幕を購入しようとしたところ、10m×10mサイズで、税別2万円という商品を見かけます。

しかし、現場で使用する暗幕のサイズは、横幅15mが必要です。

こういった場合には、新たに暗幕をもう1枚追加する必要がありますよね。

このように、市販されている暗幕には希望のサイズがなかったりサイズ固定のロールスクリーンなど、2枚をつなぎ合わせ工夫をしなければならないということがよくあります。

もちろんつなぎ合わせて、状況にあったサイズでご使用になれば良いのですが、つなぎ目から光が漏れてしまい実際には完全遮光にならないことも。

費用が膨らんでしまう

市販の暗幕を購入しようとした場合、さきほどもご紹介しましたが、10m×10mサイズで税別2万円という暗幕もございます。

しかしサイズが足りないこともあり、もう1枚追加すると、費用が倍に膨らんでしまうこともしばしば。

特に大規模な現場であればあるほど、その費用はばかにならず、枚数を追加するごとに費用が膨らみ予算を圧迫してしまいます。

本記事をご覧になっている方の中にも、「暗幕が想像以上に高額だった」と感じる方も多いことでしょう。

サイズが足りないとつなぎ合わせる必要がある

さきほどもご説明しましたが、求めている暗幕のサイズが一度に揃わない場合、足りない暗幕をつなぎ合わせる必要がありますよね。

こういった場合に、使用する枚数が多い又は大規模な現場ほど、手間がかかります。

手間がかかるということは、暗幕を設置する際に人員を増やす必要もあり、プロジェクトで暗幕を設置する場合、人件費もばかになりません。

このように、暗幕は全てが遮光1級であるため、どれを購入しても同じと考える方がいらっしゃいますが、販売店によって価格やサイズ設定がまちまちなので、導入前にはサイズや価格、容量をしっかり吟味する必要があります。

暗幕よりもスグレモノ!当社オリジナル「完全遮光シート」がおすすめ

どんな形状にも対応できる暗幕級遮光シート

当社では、暗幕よりもスグレモノ!当社オリジナル商品である「完全遮光シート」を販売しております。

ここでは、完全遮光シートがなぜ市販の暗幕よりも優れているのか、詳細をご説明します。

厳しい検査機関の審査をクリアした99.99%以上の遮光率を達成

当社「完全遮光シート」は、厳しい検査機関の審査にクリアし「99.99%以上」の遮光率(暗幕同等の遮光1級を獲得)を達成しているため、わずかな光でも漏れることがありません。

芝浦工業大学工学部電子工学科shibalab様をはじめ、多くのお客様にご愛用頂いており、大規模な現場から一般利用に至るまで、様々な用途でご活用いただけます。

183cm×50mと大容量を確保!様々なサイズに対応します

屋外で使用する暗幕設置例

市販の暗幕では販売サイズが限られており、大型の現場では足りない場合に追加で暗幕を購入して、つなぎ合わせる等の対応を致しますが、これだと手間がかかります。

当社「完全遮光シート」であれば、183cm×50mと大容量を確保しているため、たとえ大型の暗幕が必要な現場であっても、一度に広範囲をカバーできます。

これにより他社製の暗幕と比較をして、サイズが不足するといったことも少なく、様々な用途にお使いいただけます。

必要な分だけハサミやカッターで自由にカット

完全暗室・完全遮光の設置例

当社「完全遮光シート」は、完全暗室・完全遮光を実現しながらも、素材自体に弾力性があるため、手で思いっきり引っ張っても破けることがありません。

それでいて、非常にしなやかであるため、ハサミやカッターを使用すれば容易にカット可能。

必要な分だけカットできるから、どの現場でも非常に重宝します。

大容量なのにリーズナブルな価格を実現

完全遮光シートは、暗幕の遮光レベル「遮光率1級」を獲得しており、その名の通り完全遮光を実現します。

高い性能を確保しながらも、183cm×50m巻きと大容量で、本体価格が20,900円(税込み)と別途送料のみとなり、大変リーズナブル。

10m×10mサイズの暗幕でも、税別2万円という商品がある中で、当社「完全遮光シート」は、50mと広範囲をカバーでき完全遮光を実現しながら20,900円(税込み)で販売しています。

完全遮光シートは、厳しい検査機関の審査に合格し、暗幕と同様の99.99%以上の遮光率を実現していますので、暗幕同様の商品をお探しで、使い勝手を重視されている方にはおすすめです。

商業施設・学校・病院・工場等の大型現場だけでなく、プライバシーを確保したい一般住宅や趣味への活用など様々なシーンで重宝します 。

無料サンプルのお申し込みへ

まとめ

最近では、遮光カーテンや暗幕ロールスクリーンなども普及しているため、暗幕にも遮光率の違いがあるのではと考えがちですが、暗幕は全て遮光1級のみで構成されています。

全て同じなら、どの暗幕でも一緒ではないかと感じる方もいらっしゃいますが、実際には販売サイズや費用などの課題もございます。

その点、当社「完全遮光シート」であれば、大容量で通常の暗幕よりもリーズナブルな価格を実現しながらも、遮光1級を達成しているため、様々な用途で費用に負担をかけずに使用可能。

サンプルは無料でお申し込み可能ですので、ぜひこの機会に遮光性能や使い勝手を体感してみてください。

『暗幕よりスグレモノ』の詳細

無料サンプルのお申し込みへ

タイトルとURLをコピーしました