シイタケの原木栽培にもおすすめ!「遮光率99.99%完全遮光シート」

完全遮光シート

当社では、遮光率99.99%超えの特注品である「完全遮光シート」を取り扱っております。

簡易暗室設置や、イベント・催し事、簡易プラネタリウム、ご自宅の窓の日差しを遮るなどさまざまな用途にご愛用いただいています。

完全遮光シートは、用途問わず使用できる汎用性の高い商品なのですが、実はシイタケ栽培など遮光環境を必要とする農作物にも購入される方が多いです。

完全遮光シートは、撥水性も確保されており野外でも活用でき、わずかな光も通さない99.99%以上の遮光率を実現。

遮光栽培用の遮光シートとしても、多くのお客様にご愛用いただいております。

本記事では、当社オリジナル「完全遮光シート」が、シイタケ栽培に導入されている状況と、その特徴について詳しくご紹介いたします。

シイタケの原木栽培の方法について

当社オリジナル「完全遮光シート」は、シイタケを栽培したい個人のお客様だけでなく、レストランやカフェ、農家などの事業者様にも導入いただいております。

ここでは、一体どのようなシチュエーションで当社の完全遮光シートが導入されているのかをシイタケの原木栽培の方法と照らし合わせながらお届けしたいと思います。

※当社は当然ながらシイタケ栽培に関しては専門知識を持ち合わせていませんので、実際に購入いただきましたお客様から伺った情報等を活用しご説明いたします。

シイタケの原木栽培については、以下の手順で行われています。

  1. 原木の用意
  2. 植菌
  3. 仮伏せ
  4. 本伏せ
  5. 天地返し
  6. 収穫
  7. 収穫後の管理

1つずつみていきましょう。

原木の用意

シイタケの栽培におすすめの原木ですが、ナラ・クヌギ・シデ・シイ・クリなどが良いそうです。

原木が乾燥している冬場に伐採を行う必要がありますが、現在では一般家庭用にきのこ栽培用の原木が気軽に購入できる時代となりました。

たとえば、通販サイトを見ればシイタケ原木セットなるものが販売されていて、1本あたり数千円で購入可能です。

また、そのほかにもシイタケ栽培キットなどもあり、栽培してから7日ほどで収穫できる場合もあります。

より身近にシイタケ栽培ができる良い時代ですね。

植菌

原木を調達できたら、2〜4月頃を目安に、菌を植え込みます。

菌を植え込むための穴は、電動ドリル等で直径8.5mm、深さ25mmほどあけるそうです。

穴をあけたら、種駒菌の細い方を下にして、ハンマーで軽く叩きながら打ち込みます。

仮伏せ

植菌を行う時期は、まだ空気が乾燥しており非常に寒いです。

植菌が終了したら、すぐに薪積みにして散水をし、コモ・ムシロ・遮光ネット等で被覆しましょう。

こうすることで、原木の保温と保湿が行えるそうです。

ちなみに、この状態を仮伏せと言います。

この段階で遮光ネットを使用するわけですが、おそらく当社から完全遮光シートを購入されるお客様は遮光ネットの代わりにお使いになる方も多いのかもしれません。

当社はシイタケ栽培には専門知識はございませんので、詳細な使用用途までは不明ですが、遮光1級を獲得している高品質な遮光シートですので、遮光効果は抜群です。

本伏せ

仮伏せでシイタケの原木に菌が付着したものを「榾(ほだ)木」と呼びますが、榾木全体に菌をまん延させる作業を「本伏せ」と呼ぶそうです。

主に梅雨入り前に行い、直射日光が当たらず、風通しが良い、そして水はけの良い場所に30〜40度の角度で立てかけておきます。

よく雑木林のような場所でシイタケの原木が立てかけてある風景を拝見しますが、まさにあのようなイメージ。

本伏せは日陰で行うことが基本で、どうしても日陰がない場合には、遮光率が80%以上の遮光ネットを利用すると良いそうです。

おそらくこの本伏せの段階でも当社オリジナル「完全遮光シート」は貢献できるのかと考えております。

完全遮光シートの遮光率は99.99%以上ですので、わずかな日差しでも遮断することが可能!

本伏せを行うにあたり、直接遮光シートを被せてしまうと、通気性がなく温度が上昇してしまいますので、遮光シートと榾木の間隔をあけて、通気性を保つと良いそうです。

当社オリジナルの「完全遮光シート」は、完全に日差しを遮断することもできますが、あえて隙間を開けて設置すれば、当然ですが日差しを取り入れることも可能。

使い方次第でさまざまな用途に対応します。

天地返し

天地返しは、今まで地面に接していた箇所を上にして、原木の裏表も逆にする作業のこと。

このような作業を行うことで、菌が原木全体に伸長するそうです。

天地返しは、7月中旬と9月中旬の2回行うと良いとのこと。

また天地返しだけでなく夏場は雑草が生茂るため、草刈り作業も同時に行い、通気性を確保することが重要。

さらに、シイタケ菌は暑さに弱いため、夕方に散水をして榾木の温度上昇を防ぐ必要性があります。

収穫

植菌後、2度の夏を経過した秋から本格的にシイタケが発生し、秋と春には収穫を行えるそうです。

収穫後の管理

シイタケの収穫後は、本伏せの手順を継続して行います。

天地返しをしつつ乾燥しすぎないよう注意をしながら、行いましょう。

以上、原木シイタケの7つの手順を簡潔にご紹介しました。

特に本伏せの段階では、十分な日陰が必要なので、当社オリジナル「完全遮光シート」もぜひご検討ください。

シイタケの原木栽培には当社オリジナル「完全遮光シート」がおすすめ!

シイタケの原木栽培には、完全遮光を実現する品質の高い当社オリジナル「完全遮光シート」がおすすめです。

99.99%超えの遮光1級を実現する遮光シートであり、販売代理店を一切設けておらず「東光映材完全オリジナル商品」のため、当社でしか購入できません。

原木シイタケの栽培だけでなく、遮光環境が必要な農作物全てに対応する遮光性能を持ち合わせております。

容量も183cm×50m巻きのロールと大容量を確保しており、非常にしなやかな素材で構成されているため、お使いになる分だけハサミやカッターでいとも簡単にカット可能。

遮光したい箇所にだけお好きなサイズでカットすれば、どんなサイズでもフィットし、ロール1つ分で90平米を一度に完全遮光できます。

また、183cm×50m巻きのロールであるにもかかわらず、重さが11kgと圧倒的軽さを実現。

さらに、当社オリジナルの完全遮光シートは、特殊加工素材を使用しているため、高い撥水性があり、シイタケ栽培のような野外でもご利用いただけます。

「原木シイタケだけでなく、ホワイトアスパラガスなど完全遮光で農作物を作りたい」

「現場のサイズに応じて、柔軟にカットできる遮光シートを探している」

という方には、当社オリジナルの「完全遮光シート」がぴったり。

完全遮光シートは、通常の暗幕や遮光シートとは違い、非常にお値段がリーズナブルです。

具体的には、183cm×50m巻きにてお値段が本体価格20,900円(税込み)と別途送料のみ。

ご予算に限りがある場合でも、柔軟に対応できるのが完全遮光シートの魅力ではないでしょうか。

ぜひ、当社の完全遮光シートをご検討ください。

下記のリンクより、完全遮光シートの詳細ページへ移動できます。

完全遮光シート詳細

完全遮光シートの使用上の注意点

コストパフォーマンスが高く1ロール90平米までカバーできる当社オリジナル「完全遮光シート」。

遮光率99.99%以上を達成しており、わずかな光でも完全遮光を実現します。

原木シイタケ栽培においても、部分的にカットして使えおすすめなのですが、1つ注意点がございます。

それは、素材そのものが「火気に弱い」です。

ですので、火気のある現場ではご使用になれません。ご使用の際は、あらかじめご注意ください。

火気を必要とする現場でお使いになる場合は、当社が手掛ける完全オリジナル「難燃性完全遮光シート」もおすすめです。

完全遮光シートの性能はそのまま、サイズも同様ですが、燃えにくい性質の素材を利用した完全遮光シートです。

難燃性完全遮光シート詳細

まとめ

今回は、原木シイタケの栽培にも最適な遮光率99.99%以上を達成している当社オリジナル「完全遮光シート」についてご紹介させていただきました。

市販の暗幕や遮光シートですと、現場に応じて複数枚のシートが必要ですが、当社の完全遮光シートであれば、大容量を確保しているため、値段を抑えて自由自在にカット可能!

芝浦工業大学工学部電子工学科shibalab様などさまざまなお客様にご愛用いただいております。

性能についても遮光1級を達成しておりますし、品質に関しても一般財団法人『ボーケン品質評価機構』というグローバル総合試験機関の厳しい審査に合格しております。

ロール状なので、収納が心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、長さ190cm、直径13cmほどなのでお車のラゲッジルームに乗せて、シイタケの栽培現場まで運ぶことも可能。

ロール1つ分で、90平米を一度に完全遮光でき、使わなくなったらそのまま破棄できます。

ハサミやカッターで小さくカットすれば、破棄する際にもかさばらずおすすめ!

当社のオリジナル完全遮光シートは、厳しい審査基準に合格した商品ですが、その品質を実際に確かめたいという方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合には、当社オリジナル「完全遮光シート」のサンプルを無料で提供中です。

ぜひ、実際に触れてその性能をお確かめください。

無料サンプルのお申し込みへ

タイトルとURLをコピーしました