園芸用遮光ネットとは?効果や遮光シートとの違いを解説!

完全遮光シート

園芸店やホームセンターなどでは、園芸用の遮光ネットが販売されています。

ガーデニングなどで、遮光や遮温、防霜などに適しており、夏の強い日差しでも植物へのダメージを軽減できるため、多くの人が利用していますよね。

しかし、遮光を目的とするならば「遮光シート」も販売されています。農業用にも使われる遮光シートですが、遮光ネットと一体何が異なるのでしょうか。

本記事では、遮光ネットの概要、効果、遮光シートとの違いを詳しく解説します。

遮光ネットと遮光シートの違いを理解することで、目的に応じて最適な使用方法が理解できますので、ぜひ参考にしてみてください。

遮光ネットとは

遮光ネットとは、文字通り、光を遮るために開発されたネット(網)のこと。

網状のため草木の成長に欠かせない適度な通気性が確保されており、「平織り」「ラッセル織り」「絡み織り」といった種類が展開されています。

また、素材についてはポリエチレン製で黒や白など、2色で販売されていることが多く、商品ごとに「遮光率」が記載されています。

遮光率とは、どの程度、光を遮るかの指標のことで、以下の通り1〜3級まで等級が定められています。

等級遮光率特徴
1級99.99%以上人の顔や表情を識別できないレベル
2級99.80%以上、99.99%未満人の顔や表情を識別できるレベル
3級99.40%以上、99.80%未満人の表情を識別できるが、デスクワークは難しい

なお等級については、表の通りですが、一般的に観葉植物など園芸用の遮光率は、60〜80%が目安です。

草花などでは、40〜60%でも問題ありません。

対象とする植物や育てる環境によって、最適な遮光率が変わるため、事前にどの程度遮光率が必要かを確認しておきましょう。

遮光ネットの効果について

ここでは、遮光ネットの効果について改めてご紹介します。

遮光効果で強い日差しから植物を守る

植物には大きく分けて、弱光を好む「嫌光性植物」と光を好む「好光性植物」が存在します。

このうち、嫌光性植物は、発芽時に光の影響を受けてしまうため、覆土を厚くするなど遮光対策が必要。

日陰を好む植物が、長時間直射日光に晒されてしまうと、強い日差しで弱ってしまいます。

このようなことがないよう、遮光ネットで日差しを遮る必要があるというわけです。

遮熱効果で植物の日焼けを防止する

遮光ネットのなかには、遮光効果だけでなく、熱を遮る遮熱効果を持ち合わせている商品があります。

夏場における地温の上昇によって、成長に悪影響を与えてしまう植物には、遮熱効果が得られる遮光ネットを使用することで、適切な地温にコントロール可能です。

地温を適切に管理できれば、作物の葉面温度の上昇を抑えられ、直射日光により葉が焼けてしまう現象「葉焼け」も防げます。

このように、遮光ネットの適度な通気性や遮光性が、嫌光性植物の最適な環境づくりをサポートしています。

遮光ネットと遮光シートの違い

遮光効果が期待できる製品には、遮光ネット同様に遮光シートも販売されています。

遮光シートも、暗所を好むキノコ類、ラディッキオ、ホワイトアスパラなどで使用される製品ですが、遮光ネットとは一体何が異なるのでしょうか。

ここでは、遮光ネットと遮光シートの違いについて解説します。

通気性の違い

ガーデニングや家庭菜園などで、植物を育てる際に、水やりや肥料は非常に重要ですが、実はそれ以上に大切なことは植物がよく育つ土を整備すること。

特に通気性が悪い土は、酸素が十分に供給されないため、植物の根に栄養が供給されず、窒息状態に陥ります。

このような状態を放置してしまうと、根が弱ってしまい、最終的には根腐れを引き起こしかねません。

園芸用に遮光ネットが使われる理由としては、網目によって、通気性が確保され、生育環境によい影響を与えるためです。

もちろん遮光シートの場合も、設置方法を工夫すれば、通気性を確保できますが、遮光ネットのように網目はありませんから、その違いがあります。

遮光率の違い

園芸用に使われる遮光ネットの遮光率は、育てる植物によっても異なりますが、草木で40〜60%、戸外で管理する場合でも60〜80%が一般的。

遮光ネットの遮光率は、30〜85%程度まで幅広いのが特徴ですが、遮光シートのように遮光率が99%を超えるものは、ラインナップされていません。

たとえば、暗所で育てる必要があるウド、ホワイトアスパラガス、チコリなどの場合は、より高い遮光率が求められますから、遮光シートの方が良いというケースが多いです。

このように育てる植物や野菜に応じて、遮光ネットか遮光シートかを選択すると良いでしょう。

>>農業用遮光シートなら遮光率99.99%以上・当社特注品「完全遮光シート」

>>ラディッキオの栽培にもおすすめ!「遮光率99.99%完全遮光シート」

>>ホワイトアスパラガスの無培土栽培法には「遮光率99.99% 完全遮光シート」

>>シイタケの原木栽培にもおすすめ!「遮光率99.99%完全遮光シート」

遮光率99.99%以上の遮光シートなら当社特注品「完全遮光シート」

当社では、完全遮光を実現する品質の高いオリジナル商品「完全遮光シート」を販売しております。

99.99%以上の遮光率を実現し、販売代理店を一切設けていない、東光映材完全オリジナル商品のため、当社でしか購入できません。

もちろん、今回ご紹介しました園芸用遮光ネットと比較すると、遮光率に優れているがゆえ、暗所を好む植物に使用環境は限定されてしまいます。

しかし、園芸用としてだけではなく、ビニールハウスなど農業用への利用や一般住宅においても日差しを遮る遮光空間の使用に便利です。

遮光ネットは、園芸など使用用途が限られていますが、当社「完全遮光シート」であれば、園芸だけでなく、日常のさまざまな用途に利用可能。

農業に関しては、すでにホワイトアスパラ 、ラディッキオ、シイタケ、軟白ネギ栽培用などで、購入実績やお問い合わせがございます。

180cm×50m巻きで大容量

当社オリジナルの「完全遮光シート」は、180cm×50mのロール状で販売しており大容量です。

そのため、園芸用としてガーデニングや家庭菜園でも重宝しますし、大規模な農業用ビニールハウスでも使用可能。

通常、ホームセンターや園芸店で購入できる遮光ネットは、幅2m×長さ6mなど、サイズに限りがあるため、都度必要なサイズを確認し、場合によっては追加購入しなければなりません。

しかし、当社「完全遮光シート」であれば、50m巻きと大容量ですので、一度にカバーできる範囲が広く、個人から事業者まで非常に重宝されます。

市販の遮光ネットでサイズが不足している場合、都度購入し、つなぎ合わせる必要がありますが当社「完全遮光シート」は、広範囲をカバーできるためつなぎ目が発生しにくいです。

つなぎ目が発生しにくいということは、それだけ光が漏れる心配がなく、農作物の生育への影響も少ないということです。

厳しい品質評価試験もクリア

当社オリジナル「完全遮光シート」は、一般社団法人「ボーケン品質評価機構」というグローバル総合試験機関による厳しい品質評価試験をクリアし、99.99%以上の遮光率を認定いただきました。

そのため、完全遮光シートから光が通る割合は、わずか1%未満

遮光ネットですと完全遮光を実現できる遮光率の達成は難しいですが、当社「完全遮光シート」なら対応可能です。

シイタケ栽培やホワイトアスパラなど、完全遮光空間が必要な状況で非常に重宝されています。

園芸用だけでなく、さまざまな用途に使用できますので、ぜひ参考にしてみてください。

ハサミやカッターで自由にカット可能

当社オリジナル「完全遮光シート」は、手でおもいっきり引っ張っても破けないほどの高い弾力性を持ち合わせている一方、非常にしなやかです。

そのため、ハサミやカッターを使用すれば、容易にカットでき、完全遮光シートを使いたい分だけ、導入できます。

耐久性を確保しながら、使いやすさにもこだわっており、園芸用だけでなく、さまざまな状況でご活用ください。

お試し無料サンプルもご用意

当社オリジナル「完全遮光シート」は、遮光1級、99.99%以上の光を遮るため、遮光ネットでは対応できない暗所を好む植物や野菜の生育環境に最適です。

これまで、シイタケ、ラディッキオ、ホワイトアスパラ用に、多くのお客様への導入実績がございます。

また、180cm×50mと大容量のため、家庭菜園規模から農業用ハウスまで幅広く対応可能!

ハサミやカッターで容易にカットできるから、使い勝手も良好です。

しかし、お客様のなかには、実際の使い勝手も確かめておきたいという方もいらっしゃいます。

そこで、東光映材では、当社オリジナル「完全遮光シート」の無料サンプルをご用意しています。

「実際の遮光効果について確かめたい」

このようにお考えの方は、ぜひお気軽に無料サンプルへお問い合わせください。

無料サンプルのお申し込みへ

また、さらに当社オリジナル「完全遮光シート」の特徴について知りたい方は、以下よりご覧ください。

完全遮光シート詳細

タイトルとURLをコピーしました